記憶修習 キオクシュジュウ

記憶をし、その記憶をしたものを何度も何度も修習すること。
教えを記憶する段階から、より深い意識へと、記憶したデータを根付かせる為に繰り返し記憶する作業のこと。

仏教の「念」のこと。
念処」とは記憶修習の現象化という訳語である。