真理 (相対的真理) ソウタイテキシンリ

相対的真理tathaとは条件によって成立した真理のこと。
絶対的真理に到達するための段階的な教え。

絶対的真理が条件を度外視して成立する真理であることに対し、
相対的真理は手段であり、絶対的真理は目的である。