戒誓のとらわれ

真理の教えと反する教えの戒律に対してとらわれることを指す。
あるいは、誓いに対してとらわれることを指す。これは真理の教えではないものと強い縁を結ぶことにより、その魂は低い世界へと転生するのである。
転生先は低級霊域、餓鬼の世界。

十のきずな
五つの下位に結びつけるきずなの一つ
三つのきずなの一つ