四念処 シネンジョ

身体に対して、感覚に対して、そして心に対して、およびいろいろな社会通念に対して心を思いめぐらし、思索・熟考することを表す。
その人が何を記憶し、そして何を修習し続けるかによって、その人の心の働きによって生じた世界というものは形成されている

四つの記憶修習の現象化という。