六淫 ロクイン

どのような条件によって病にかかるのか、東洋医学の根幹の一つ中国医学の六淫を用いて原因を理解できる。
六淫論は風邪・火邪・暑邪・寒邪・湿邪・燥邪の6つに分けることができる。

「風邪」風に当たると風邪をひく、脱水を起こすなど。
風の働きによって神経などに痛みが出る場合はエネルギーの阻害を指す。
「火邪」やけどなど。
「暑邪」暑いところにいると脱水を起こす。
「寒邪」寒いところにいると体が冷えて病、痛みが出る。
「湿邪」湿気の多いところにいるとむくみの病にかかりやすい。
「燥邪」乾燥しているところにいると神経に痛みが出てくる。
これらの原因によって病を起こすのである。