五行 ゴギョウ

五行とは、木・火・土・金・水を指しす。
身体に当てはめられる、肝・心・脾・肺・腎という五つの臓器における機能を表すカテゴリーとして分類させる。
これはエネルギーの相生、あるいは、相克、あるいは、比和を指すのである。

相生とは木から火が生じ、その木と火によって土が生じ、土の塊であり金属が生じ金属を熱すると液体が生じ、この液体が気の養分として使われるという流れであり、
逆に相克とは、木は土を抑える、それによって土は養分を失い力を失う、また、金属を強烈に熱するとそのものが溶け出し全く価値がなさなくなるこのような考え方が相克である