不妄語 フモウゴ

持戒の中の一つ。
嘘をついてはならないという意。
嘘は物事を覆い隠したいという心、全てを曖昧にしたいという心、そして今さえ良ければいいという心から出るものである。
嘘を続けていると、そのような心の働きがどんどん増え、曖昧な思考しかできなくなる。
曖昧な思考状態ゆえに、正しい判断ができなくなり、人生を踏み謝ってしまう。
常に真実のみを語る訓練をしていれば、言葉に力が出、多くの人に信頼されるようになる。
言葉と行動を一致させる訓練をしていくうちに意思の力は強くなり、
また曖昧な言葉を発しない訓練をし続けていくうちに物事を正確に見極めるクリアな思考ができるようになる。