ニルヴァーナ

自分の経験やあるいは認知を滅尽している、その瞬間のこと。
経験あるいは認知というものは個人個人によって違うため、小さな世界しか知らなければ当然認知、経験も少ない。
よって、ニルヴァーナとマハーニルヴァーナの違いはここにある。
マハーニルヴァーナは偉大な認知、経験の滅尽ということになる。