チャクラ

人間の身体にある霊的なセンターで、だれでもそれぞれの場所に持っている。
しかし、普通の人はそれが眠った状態で働いていない。
修行によるクンダリニーの上昇とともに開発されて行くものである。
主なものはムーラダーラスヴァディスターナマニプーラアナハタヴィシュッダアージュニャーサハスラーラの7つである。
チャンドラとスーリヤは、この七つのチャクラに比べると5分の一程度の大きさしかない。
チャクラは身体の下部に位置するものほど低級な煩悩に対応し、上部へ行くほど次元が高くなっている。