ダルマ

仏教文献の中で最も頻繁に使用される言葉で、一般的に二つの用法がある。
第一は、サキャ神賢の教えで、時に、「法」とか「教義」とかと訳される。
第二は存在、または客体を表す。