アパーナ気

身体を動かしている五種の気の一つ。
へそから足の裏にかけてあり、色は煙色である。
身体の汚れを下降させたり、興奮状態を静め、精神安定や安眠をもたらすといった働きがある。